資産に余裕があれば、別荘は持っておく価値あり

別荘地の選び方について

日本国内には無数の別荘地があります。そして、それぞれ年間最高気温や最低気温が違うほかアクセス環境も違うものです。そんな中で注意しなければならないのが冬場の気温で、朝の最低気温がマイナス5度以下になってしまう地域においては水道管の破裂問題やトイレの凍結(=使用不能)という問題が発生しうるので、冬場の気温があまりに低い地域は注意しなければなりません。そして、アクセス面に関しては豪雪地帯に購入してしまうと、大雪に見舞われたときに唯一の出入り口となる一本道が雪で通れなくなると陸の孤島になってしまい、食料面等で大変な思いをする可能性があるので注意が必要です。

別荘の効率良い利用方法

冬場は室内をある程度暖めるほか、厚着をすることである程度は寒さは凌げるものです。しかし、夏の暑さというものは薄着になったりしても凌ぐには限界があり、夜は30度以上の室温の中では寝ることもできないものですので、体には良くはないクーラーを入れたりして凌ぐしかありません。ただしクーラーで安易に暑さをしのぐというのは体に悪く、地球環境にもよくありません。そんな時に役立つのが避暑地に購入した別荘の存在です。潤沢な老後資金を貯めて共に仕事を引退した夫婦の場合などは、夏場だけ涼しい避暑地で、猛暑関係なく素晴らしい環境・景色の中で過ごし、適度な運動をした後で風呂に入る、庭で獲れた野菜料理して食べるというような生活は、人生の最高のモデルケースと言えます。

別荘の維持コストに関して

自治体に毎年支払う固定資産税や住民税等の税金がありますが、同時に電気・ガス・暖房費などの生活コストもだいぶかかるものなので、やはり別荘をもつには、現役世代のうちに十分な資産を築いておく必要があります。

八ヶ岳の別荘は、多くの木々に囲まれたエリアに多数の物件が存在し、豊かな自然の中でのんびりと過ごせます。