賃貸初期費用には削れる部分があるってホント!?

仲介手数料は削れます

仲介手数料は、間に挟んだ不動産屋によって金額が異なります。法律上は、賃貸人と賃借人双方から最大家賃0.5ヶ月分までと決められていますが、特約を結ぶことで賃貸人が払う分を賃借人に上乗せすることが可能です。特約の有無により、普通に契約しても家賃0.5ヶ月分から1ヶ月分まで差が出るわけです。更にオーナーと直接契約を行えば、仲介者がいないので仲介手数料自体が存在しないことになりお得です。

礼金は交渉できると知っておきたい

礼金を受け取っているオーナーは、借金せずにアパートやマンションを購入している資産家です。本来ならば礼金は入居者がオーナーへの感謝の意を表すために納める意図がありましたが、近年は最初から指定されている物件があります。礼金の額がネックとなって成約出来ないならば、そもそも礼金を減額しても良いと考えているオーナーがいるので、一度相談と交渉をしてみると良いでしょう。明らかに新築物件ならば交渉は決裂しますが、空室期間が長ければ、交渉成立する可能性が増します。

オーナーと電話を繋いでもらう

敷金や礼金は少なく設定されているにも関わらず、なぜか抗菌施工費や緊急連絡用のサポートダイヤル費用、退去時清掃費用といった費用まで請求しているケースがあります。オーナーが募集している内容に、仲介不動産屋が独自に業者からのキックバック狙いで余計な契約を付けていることがあるので、一度契約前にオーナーへ電話を直接繋いでもらい、本当に抗菌施工費といった契約が必須なのか確認してみると良いです。

菊水の賃貸は住みやすいと評判になっています。公園がたくさんあり、多くの緑に囲まれている環境だからです。