知っておきたい基礎知識!マンションはどうやって耐震性を上げているのか

一戸建てなら耐震化は比較的楽にできる

一戸建ての場合は、耐震化の工事も割と簡単に済ませられます。柱と柱の間に筋交いを入れれば、それだけでも十分なぐらいです。建物の規模が小さいですから、方法は色々考えられますよね。しかも、どれも割と簡単な工事で済ませられます。一方、マンションはそうは行きませんよね。マンションは背が高いので、筋交いを入れたぐらいではどうしようもありません。もっと別の耐震化工事をしなければいけないはずです。

タワーマンションは免震機構で地震対策をしている

東京には驚くほど背の高いマンションもありますよね。いわゆるタワーマンションと呼ばれるものですが、これは何も対策を講じていなければ、非常に危険な建物となるはずです。背が高いために、小さな揺れも増幅して伝わります。最上階は大きな揺れに襲われることとなるので、何も対策を講じていないととても住めたものではなくなるのです。しかし、もちろん何も対策を講じていないわけはありません。むしろ普通の一戸建てよりも厳重な地震対策がなされています。当然ですよね。タワーマンションが倒壊してしまうと、多くの人の命が失われてしまいます。地域にも迷惑がかかるので、一般の一戸建てにはないような特別な設備が導入されています。免震機構というのが、それになりますね。

免震機構の仕組みを理解しよう

免震機構というのは、土地と建物の間にある設備のことです。積層ゴムやダンバーやスプリングなどが、土地と建物の間に挟み込まれているのです。土地と建物が一体化しておらず、免震機構を挟んで分離している形になるわけですね。そのせいで、地面の揺れが直接建物には伝わらなくなっています。地震の揺れを三分の一ほどしか建物に伝えなくなるので、大きな地震が来ても倒壊する心配がないということです。

大宮のマンションを購入する際には、ローン会社が多く存在するため、利率や担保条件など詳細を把握してから契約することが大切です。