マンション購入と頭金や住宅ローンの組み方は

頭金はしっかり蓄えておく

マンション購入を検討している人は、先立つものとして頭金をそれなりの金額用意しておきましょう。頭金は、最初にマンションを購入する時に持っているお金を入れるためのものです。そして、頭金以外の金額は住宅ローンという形で金融機関等から借り入れを行います。この頭金と住宅ローンで借り入れたお金を足して、マンション購入費用として用意して、購入先に支払います。

この頭金はできるだけ多く蓄えておきましょう。頭金を多く用意できればできるほど、金融機関からの借入額は少なくなります。借り入れる金額が少なければ、それだけ無駄な利息を支払う必要がなくなります。よって、自分で用意する頭金はとても重要です。

うまく住宅ローンを返済する

マンション購入してマンションに住みだしてから、住宅ローンの返済はずっと続いていきます。最長で35年間の住宅ローンが組めますが、最初の段階は少し余裕を持ったローン期間設定で良いでしょう。しかし、住宅ローンの返済期間は最終的には少なければ少ないほど、無駄な利息を支払わなくて済みます。

よって、住宅ローンを組んだ後は、できるだけ繰り上げ返済を行っていきましょう。繰り上げ返済をすることで、返済期間を短縮することができます。短縮した分だけ無駄な利息の支払いがなくなりますので、とてもお得です。

ただ、繰り上げ返済はこまめに行いすぎると手数料もありますから、上手にバランスよく繰り上げ返済を行っていきましょう。これで住宅ローン返済もうまくいきます。

千葉県北西部に位置している柏市は、約42万人の人口を擁している中核都市で、東京都のベッドタウンとしても機能しています。市内にはマンションが多く建てられており、柏のマンションは良い物件が多くあります。