知っておきたい!敷金・礼金についての常識

敷金・礼金とはそもそも何なのか

賃貸の部屋を借りるときは、敷金・礼金を支払う必要があります。これは、契約時に支払う初期費用の一つであり、金額も高額になりがちです。では、そもそも敷金・礼金がどういった意味のものかというと、まず敷金は、保証金のような性質のものであり、万一部屋の一部を壊してしまった場合や、家賃を滞納した場合などに備えてあらかじめその費用を預けておくという意味があります。ですので、特に問題がなければ返ってくるお金なので、その点をよく知っておきましょう。次に礼金は、文字通り、部屋を貸してくれる家主に対するお礼を意味するお金であり、後で返ってくることはありません。金額については、敷金・礼金それぞれ家賃の1~2ヵ月分になるのが相場だと言われています。

敷金・礼金ゼロの物件もある

また最近は、敷金・礼金ゼロの物件もあります。敷金・礼金ゼロの物件は、文字通り敷金・礼金を支払わなくていい物件のことで、初期費用がかなり軽減できることが魅力だと言えます。ただし、入居中に部屋の中の破損や汚れなどが発生してしまった場合は、退去時にその修理費やクリーニング代が請求されるため、最終的には敷金・礼金を支払う場合と変わらないとも言えます。ですので、契約する際は、退去時にどのような費用が必要になるのかということをしっかりと確認した上で契約することが重要だと言えるでしょう。しかしそれでも、敷金・礼金ゼロの物件は、引越ししたいけど高額な初期費用を支払うお金が無いといった人にとっては便利な物件だと言えます。

専有面積の広さに注目すると、ハイグレードな旭川の賃貸マンションもすぐに探せます。新しい物件は断熱性にも優れているので、年間を通して快適に暮らせます。