理想の注文住宅を建てるために知っておくべきこと

注文住宅を建てる前の事前準備

夢のマイホームという言葉があるように、自ら所有する家を購入することにあこがれる方は多いのではないでしょうか。なかでも注文住宅は自分の希望するとおりの家が実現できるという点で大きな魅力がありますが、一方で事前にしっかりと準備して臨まなければ、こんなはずではなかったという結果にもなりかねません。注文住宅を建てるためには当然ながら土地が必要となり、自分の土地にどのような大きさの家が入るかをまずは知ることが大切です。一般的には建蔽率や容積率などの建築制限が設けられており、敷地いっぱいに家を建てることはできないようになっていますので、なるべくであれば住宅メーカーの担当者などに相談して建築可能な大まかな間取りを把握しておくことをお勧めします。

注文住宅を建てる際の流れ

土地が決まりそこに建てることができる建物のイメージが固まったらいよいよ本格的に注文住宅の建設に向けて突き進むことになります。まず行わなければならないのは誰に建設を委託するかどうかということで、選択肢としては大手の住宅メーカーのほか地場の工務店や設計事務所などがあります。知名度や安定感では大手に軍配が上がりますが、価格やデザイン力では工務店なども負けてはいませんので様々な会社に提案書を出させて比較検討して決めるとよいでしょう。委託先が決まれば、具体的な打ち合わせとなり間取りや住宅設備などを詳細に決めていきます。その後、正式に契約を締結して着工となり、上棟を経て内覧会、引き渡しに至るというのが大まかな流れです。期間としては、打ち合わせに3、4か月、建築に4から6か月程度というのが一般的です。

はじめて家を建てる場合、住宅工務店やハウスメーカーから適切なアドバイスをきく必要があります。住宅を取り扱うメーカーには、家づくりの相談窓口が設けられています。