家づくりは、どのような手順で進んでいくの!?

まずは予算と土地を決める!

建売住宅を購入するのではなく、最初から自分が住む家を作っていきたい。このような時にまず最初に行うべきなのが、家を建てるにあたっての予算と土地を決めることです。予算は全額払えるのに越したことはありませんが、一般的には住宅ローンを利用する人が少なくありません。このため頭金と住宅ローンを合算し、家を建てるために支出できる金額を決めておきましょう。そして予算が決まったら、今度は家を建てる土地を探します。土地の環境やインフラ等を考慮し、長い目で見て住みやすい土地を選ぶことが大切です。

どの住宅会社に依頼するのかを決める

予算と土地が決定したら、今度は家の建築を依頼する住宅会社を選びます。この時最も参考になるのが、住宅展示場です。完成した家の実物を見ることで、どのような家が良いかイメージが明確になります。積極的にいくつかの住宅展示場を巡り、一番「この家に住みたい!」と思えた住宅会社を選びましょう。

住宅のプランと概算見積もりを出してもらう!

依頼する住宅会社が決まったら、今度は家のプランを作成してもらいましょう。この時に、家をつくるにあたっての欠かせない条件を、しっかり伝えておくことが大切です。また、このプラン作成は無料のところも多いですが、稀に有料の住宅会社もあります。お金がかかるかどうかは、事前に確認しておきたいですね。そして概算の見積もりも出してもらい、土地の購入費も含めて予算内かどうか確認しておきましょう。

地盤調査を行った後、本契約へ!

家のプランと見積もり内容に納得できたら、今度は地盤調査に入ります。そして問題なく調査が終了すると、プランの詳細を打ち合わせし、最終的な見積もりが決定します。そして内容を確認して問題が無ければ、いよいよ本契約です。その後は少しずつ住宅が建設されていきます。

家づくりの相談では、建物のデザインや間取り、資金面など、幅広い内容に対応しており、不安や疑問を抱えている場合でも気軽に質問できます。