良い物件選びのために!確認しておきたい3つの事

騒音トラブルになる前に!

賃貸物件で最も多いと言われている騒音トラブルは、部屋の壁の厚みがとても重要なポイントとなります。壁が薄いと、隣人の生活音が聞こえてきて寝れないなどストレスの原因になる事もありますので注意が必要です。壁の厚みを確認するために、物件を見学する際には壁を叩いてみましょう。それらを行う前には事前に不動産の担当の方に確認しなければいけません。そして叩いた時の音が響いたら壁が薄い傾向にありますので、しっかりと見極める事が必要です。

物件を選ぶ前にはたくさんの情報を知っておこう!

物件選びで重要視しがちなのが、間取りであったり部屋の雰囲気です。しかし実際に住んでみて、部屋の間取りや雰囲気が気に入ったのだけど、最寄り駅まで遠く通勤や通学がとても不便だと感じる人も少なくありません。そういった後悔をしないためにも、物件選びをする段階で最寄り駅までの距離や周辺の環境などもしっかりと調べておきましょう。さらに隣にはどのような人が住んでいるのかわかる範囲で、不動産の担当のスタッフの方に相談してみるのもいいかもしれません。

意外に重要なのはキッチン!

物件選びで見落としておきたいのが、キッチンの環境です。毎日ご飯の支度をする際に使用するため、自分の高さに合ったキッチンはとても重要なポイントとなります。キッチンの上にある棚が高すぎて、物を置いても毎回取りにくい思いをしていては使い勝手が悪くなるものです。すぐに手を伸ばして取れる場所に棚があるかどうか、お皿を洗う際に腰を曲げなくても問題ない高さかどうか、しっかりと確認しておくようにしましょう。

バスセンター前の賃貸は、ワンルームタイプの間取りを持つマンションタイプの物件が探しやすくなっています。